講師:今井雅宏

今井雅宏 無料コラム

2021.6.19 更新

*前日予想と違って、不定期だがほぼ毎週出走馬確定前に行っているMの次週重賞データ分析コーナー。

前週のデータ分析を回顧し、当週の重賞を過去数年にわたってデータ分析しています。

出走馬確定前に分析しているので、今回の出走馬ではなく、あくまで近年の連対馬、人気で凡走した馬のステップを解析し、そのレースの質(特徴)を読み解くと同時に、Mにおけるデータ分析手法の実践を通し、その習得を目指したコーナーになります。

新たに編集S君の予想と、それに対する今井氏のワンポイントアドバイスコーナーが付いて、重賞分析がさらに使いやすく、増量パワーアップ!


2021.6.19 更新

ユニコーンS データ分析

編;本命が今週も好調でしたね。特に勝負レースでは、土曜の大倉山特別で本命が勝って馬単7230円がズバリ3点目的中、日曜も札幌9Rで本命が勝って馬単8380円が4点目的中、桑園特別も本命が勝って13140円の3連単万馬券をズバッと1点目的中で、このレースは順番通りの入線なので全馬券種が1点目的中でした。単勝もそれぞれ、9.2倍、7.5倍、6倍とついた本命が勝ったんで、美味しかったですよ。さすが、勝負レースの3レースとも、待望の北海道でした。

今;東京も準勝負レースで馬単4830円2点目的中があって、少ない点数で当たったのは良かったね。日曜の勝負レースで唯一外したのが重賞だったのは、残念だけど。

編;高配当が少ない点数で当たれば、どんなレースでも良いですから。特に今回みたいに勝負レースだと有り難いです。

今;函館スプリントSで、3連単万馬券が1点目的中しから余裕だよね~。

編;昨年今井さんが万馬券1点目的中だったんで、今度は僕がお返しで(笑)。ところで、函館1200mは勝負レースに予想した2つは本命が勝って高配当が当たりましたが、函館スプリントSだけは、準勝負レースの予想にしていましたよね?

今;断然人気が切れなくて穴馬も少ない、妙味がないレースだったから。馬場も内か外か、どっちか読めなかったし。土曜の大倉山で6番人気の本命ブラックダンサーが勝ったでしょう?

編;ええ、あれで1200mは内枠有利なのかと思って、外に本命対抗が入ったので、函館スプリントSの予想は失敗したかとひんやりしてましたが。

今;だけどあの馬、最後は中に出して伸びたんだよ。土曜1200mは、ちょっと最内は伸びない感じだったんだ。

編;確かに予想でも、「最内伸びない感じなので、中目に出せば」という解説でしたが、シゲルピンクルビーはその最内に入っちゃいましたね。しかもどん詰まりでした。

今;ただ、土曜は雨が降ったからね。雨でインが重くなって外が伸びたのだとしたら、内から乾いて日曜はインも延びる可能性がある。そうなると大外枠は危ないから、断然人気も消える可能性があるということで、そっちの方に賭けたんだけどね。ただ土曜の外伸び馬場が継続して2レースとも外すのも嫌だから、同じ函館1200mの9Rは外目のテリーヌにしたのもあったんだよ。12番枠だから、外差しはもちろん、仮に内差しでも上手く馬群に潜り込める可能性もあるし、バウンド短縮の鮮度馬で人気薄だったのも、もちろんあるけどね。あと滞在向きだったから。

編;滞在効果で馬体重も理想のジャスト6キロ増でまさに完璧でしたから、勝負しやすくて良かったです。やっぱり馬体重は大切ですよね~。結局、直線は外に出して、完勝でした。

今;馬体重と馬場が合っていて、オッズが良いレースで勝負するに限るという、いつもの話だったよね。直前までは10倍以上単勝付いてたんだけど、急に7倍まで人気になっちゃったのはがっかりだったけど。ただ、そこまでは良かったんだけど、さすがに開幕週だから相手は内目にしようということで、大外枠のレコレータは4点目にしちゃったんだ。

編;内の1番人気を抑えて2着に突っ込んで来ましたよね。お陰で4点目になっちゃいましたけど、83倍と人気のない方の組み合わせだったので、馬券的にはむしろ美味しかったですよ。

今;ただ、あれでほぼ外差しは決定だよね。いくら「ダートから芝」とはいえ、ハーツクライの開幕芝1200mで、大外16番の人気薄の好位差しが来るわけだから。まぁ断然人気が大外枠なのに、外が伸びない設定のわけもないんだろうけど、ローカルの一発目だから荒れさせようとしてるのかと、ちょっと期待したんだけど。

編;外差し馬場では、カレンモエはほぼ来ない理由がなくなっちゃいましたね。休み明けで減った馬体が戻って4キロ増なんて、これも完璧過ぎる馬体重でしたから。シゲルピンクルビーはワンポイントアドバイスで「増えて欲しい」で増えてこなかったので、ああいう馬体重のときは、カレンモエからが、M的には正解ですか?

今;ただ断然人気だからね。敢えて大外でそこから買うのも嫌だし、シゲルピンクルビーが増えなくてもぎりぎり我慢して、最内から後方まで下げて、最後に伸びる外目に出してくれることを祈って、シゲルピンクルビーからそのまま買ったよ。

編;僕はビアンフェが、休み明けで2走前の馬体重まで増えてくれたんで、良かったですよ。やっぱり馬体重は重要ですね。アドマイヤビルゴは増えすぎでしたか?LINEで「減らなかったんで買いますよ」って送ったら、あんまり返事良くなかったですけど。

今;休み明けでもない上に初輸送なのに、過去最高馬体重を6キロオーバーの12キロ増だからちょっと不自然な数字だよ。輸送減りを警戒してかなり太く作ったら、案外輸送で減らないで太いままで出て来たというパターンだった。輸送減りが怖いタイプでも、休み明けでもないのに増えすぎるのは、前走が余程細くない限りは、ちょっと不自然な動きなんで何か計算ミスがあった可能性が高いよ。

編;あ、そうでしたよね、前も説明して貰いましたっけ。それで「特に減りすぎ注意」という解説なんでしたよね。ただあんなに直線で右往左往しなければ、最後は一番伸びてましたし、来てた感じもしますけど。外枠から外々回ってるのに、進路探してるんではロスが大きすぎでした。

今;不利を受けないのが最大のメリットのはずの大外枠だもんね。あと八王子特別のリキサンダイオーにはやられた。

編;本命が2着に来たレースですよね。3着も人気薄で、あの馬がいなければ随分美味しい配当だったのですが、まさか単勝333倍の馬が来るとはでしたよ。しかもあの馬、逆ショッカーだったでしょう?

今;2走前に先行して前走後方という、逆ショッカーの基本形だったよね~。8歳馬なんでやめちゃったけど。詰めの甘い予想だったよ。

編;逆ショッカーリストだと、「6-4-5」の滅多にない高得点ですもんね。逆ショッカー、やっぱり怖いです。本命から流して、馬連でも13万馬券ですから、総流ししとけばな~。 では今週のデータ分析ですね。マーメイドSも牝馬のハンデ戦で毎年楽しみなレースですけど、重賞本に載っていないユニコーンSを見ていきましょう。今週は重賞の方で、万馬券3点以内的中でお願いしますね。まず昨年ですが、ヒヤシンスS勝ちの1番人気カフェファラオが勝ちましたが、このステップはいません。2着は青竜S勝ちの3番人気デュードヴァンが来ました。確かこの馬を本命で1点目か何かで当ててると思いますが、青竜S連対馬は良いんですか?

今;青竜S連対馬は、9頭中7頭が3着以内だよ。同条件だけど、OP特別でレベルが低いし、まだ3歳春のダート戦だからね。そこまでカテゴリーストレスの影響を考える必要はない。ただ来なかった2頭は2番人気以内で、当日2番人気以内は4頭中2頭が消えているから、安心も出来ないけどね。その消えたうちの1頭は2走前も1800mのOP特別を1着だった。だからこそ1番人気になったわけだけど、そのぶん蓄積疲労は残っちゃうよね。この時期の1800mのOP特別は体力的にタフだから、頑張りすぎると怖さも多少はある。あと消えた2頭は重の年で、重の年は3頭中2頭が消えている。特殊バイアス発生時も怖いね。それと今回4角8番手以内の馬は、4頭中2頭が消えている。蓄積疲労はそれなりにあるんで、疲労軽減のMの基本的な位置取りショック、前走より後ろに回る形の方が決まりやすい。ペース次第だけどね。

編;3着のケンシンコウは、1600mの1勝クラス勝ち後の11番人気でした。

今;ダート1600mの1勝クラス勝ち馬は、25頭中3頭が3着以内だよ。来た3頭は前走3角3~9番手で、今回は5~11番手。相手強化で少しだけ矯める形がベター。ただ追走に一杯になって後方になりすぎるようだと善戦止まりになりやすい。2走前は、1400mと1800mの1勝クラスと、芝2000mのOP特別。1400mの馬は2着だけど、あとは6着と16着だから、別に好走している必要はない。というより、2着の馬も1番人気で2着だし、疲れにくい短距離1400mのダートだったからね。どちらかと言うと蓄積疲労の少ない馬の方が面白いかな。あとは経験の多様性を獲得してるとかね。実際2走前は、4角2番手と16番手と12頭立てで9番手だから、極端な脚質だった。それと来た3頭は道悪の年で、道悪だと14頭中4頭が4着以内に好走していて、軽いバイアスが発生したときも注意したい。

(続く)


コラムの続きをご覧いただくには『推奨レース&重賞 2,100P』か『重賞予想 1,200P』のチケットをご購入ください。

コラムの続きは土日いずれの日の講義の中でもご覧いただけます。

▲ページトップへ